【2018.2.4(日)よいしごとステーション開設記念フォーラム】

番号221
公開日2017年12月13日
主催者よいしごとステーション
エリア豊島区
内容

2018年2月4日(日)よいしごとステーション開設記念フォーラムが行われます。

よいしごとステーション~共に働き、共に生きる地域づくり~

入場無料で10:00~12:30まで

場所:ワーカーズコープ池袋総本部会議室(豊島区東池袋1-44-3 池袋ISPタマビル8F)

記念講演として「協同組合の精神と可能性」について城南信用金庫顧問 吉原 毅氏

その後パネルディスカッションを「東京での協同組合間協同の新たな実践~よいしごとステーション~」と題し

パネラーにパルシステム東京、東京高齢協、ワーカーズコープ東京

コーディネーターに田嶋 康利氏(ワーカーズコープ連合会専務理事)

コメンテーターに近本 聡子氏(公益財団法人生協総合研究所研究員)

を、お迎えして行います。

 

開催にあたって

よいしごとステーションは、ワーカーズコープ東京中央事業本部が2016年11月から都内の協同組合組織の皆さんに、協同組合の理念による働く仲間の確保の仕組みづくりを呼び掛けたものです。

よいしごとステーションの目的として次の課題を発信しています。「協同組合では、誰もが助け合って働くことを大切に、地域の課題を解決していくための事業や運動、活動に取り組んでいます。

「誰かのため」、「地域のため」を思いながら、働くことで「地域の主役」となり、”分かち合い”、”支え合い”、”助け合い”の自治を広げていくことを目指しています。

労働が商品として扱われるようになった現代社会の中で、一つの職場で経験を積み、能力を発揮していく機会が奪われている人が多くなっています。本来は、働くこと自体が社会づくりであり、「誰もが共に働き、共に生きる地域づくり」のため、協同組合を通じて多様な働き方・働く場が生まれる仕組みを作っていきます。」

多くの方に「よいしごとステーション」を創造していただきたく、開設記念フォーラムを実施します。

お問い合わせ

ワーカーズコープ東京中央事業本部

住所:東京都新宿区高田馬場3-8-5安永ビル2F
TEL:03-5937-4501

→検索画面へ